副腎で作られるステロイド治療は副作用があるため赤ちゃんのアトピーにはサプリメントのアトケアプロが良い

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎に、ステロイド治療が行われることがあります。

 

ステロイドは人間の副腎で作られているホルモンの一種ですが、軟膏として肌に塗ることでアトピーの炎症を抑えます。

 

しかしこのステロイド剤を使用した治療には、副作用があるため赤ちゃんには勧められません。

 

ステロイド剤を長期間使っていると免疫力が低下してしまい、感染症になりやすくなります。

 

その点、サプリメントのアトケアプロなら、天然のプロポリスを豊富に含み、免疫力を高めてくれます。

 

プロポリスはミツバチが作り出したもので、ビタミンやミネラル、フラボノイド、ケルセチンなど、およそ200種類の身体に良い成分を含んでいます。

 

特にフラボノイドには、身体に害となる過酸化脂質の生成を抑制する働きがあります。血管を強くし、ウィルス感染やリウマチのような疾患にも効果があります。

 

ケルセチンは、ガン治療を補う作用も認められています。

 

食品としてはオレンジやレモンなどが、フラボノイドを含んでいますが、プロポリスに比べると、非常に少ない量です。

 

従って、十分な量を摂取したいならサプリメントが効率的です。

 

さらにアトケアプロのプロポリスは、プロポリスの塊をペースト状にしてから、乾燥させています。

 

そのため有効成分をそのままの状態で、摂取できます。さらにアトケアプロには、ラクトースが配合されています。

 

このラクトースは腸内の乳酸菌を増加させますが、乳酸菌が増えると免疫細胞の働きが活発になります。

 

そのため大人から赤ちゃんまで、アトケアプロを飲み続けると、様々な疾患が改善されます。

 

赤ちゃんにアトケアプロを与える際は、そのままカプセルを飲ませると、喉に詰まってしまう恐れがあります。

 

この場合はカプセルから中身のプロポリスパウダーを出し、ジュースやヨーグルトに混ぜるとおいしく摂取できます。

 

またアトケアプロにはパウダーの品質維持のために、とうもろこし由来のコーンスターチが配合されています。

 

身体に悪い添加物は一切使用していないので安心です。